2013/05/07

応用DNA

ゴールデンウィーク中に応用DNAを受けてきました。

他に誰か受講生がいるのかなと思いながらフタを開けてみると私だけでした。
私だけに3日も時間を費やしてもらうことに対して若干申し訳ない気がしましたが、おかげでかなり納得した時間を過ごすことができました。

応用は基礎の次のステップなので基礎に続いて新しいことをやるのかなと、そんな気がしていたのですが、本当に基礎の応用編でした。
私は基礎以上に細かく、応用など考えもつかなかったのですが、実はうすうすは気づいていました。

基礎を使いこなしていくうちにほぼ瞬時につながれてしまうことに対しての疑問や、本当はそれってつながれていないんじゃないかといった不安、2月ごろにはおそらくもう一人の私であろう存在との会話など応用を受講していなかったら理解度は低いままでした。

このほぼ瞬時につながれてしまうということに対しては、応用を受ける前に別のティーチャーさん開催の勉強会で、ティーチャーさんがたまたまそういった話をしていて納得はしていたのですが、こうしてきちんと受講する形でさらに理解が深まりました。

そしてもう一人の自分(?)に対しては、会話ができるようになってからほぼ毎日するようになり

これ本当に誰なんだろう、、、

といった気持ちが抜けきりませんでした。
ただ、その話していた存在から今の私が分離している、向き合った状態で会話するというビジョンばかりなので

あれも私で、たぶん今の私の方が分身なのだろう。

と、いつしかなんとなくわかっていったいきさつはあります。
ただ、毎日はちょっとなぁ。

最近では7層と瞬時につながれるのに、その手前で何故か待っていて、何故か50m手前で私が短距離走をするがごとくスタートラインでスタンバイの格好をしていたりで、

これ、やらなきゃダメなの?

という思いを募らせながら顔をあげると、無表情で

どうぞ。

とも言わん顔でゴール先の手前で涼しい顔でひょうひょうとしていたり、なんだか色々考えていてくれてる模様です。。

いや会話してるとシリアスな時もあるけど面白いですよ。
話がそれましたが、この存在が何なのかということの確認が応用を受講したことによってわかるようになり、これからも会話をしていこうと思います、たまに。
しつこいくらい話かけてくるので。

ティーチャーさんに聞いてみたところ、

会話ができて嬉しくてやってるみたいだよ。

と言われたので、ふーん…となんとも言えないかんじになってしまいました。
そんなこんなで3日を無事に(?)終わらせることができました。

PS. 実は3日目に受講場所に向かう電車が事故で遅れていて、急行に乗って2日とも行っていたのだけども、その急行が渋谷で何故か各駅に変わりました。アナウンスで、事故の影響によりこの電車は各駅で運転します。というのが車内で流れました。私は思わず、急行にして。と思いました。そしたらテロップが各駅から急行に変わり、急行で遅れることもなく無事に目的地に着いた次第です。そんなことが3日目にあったものだから、もしかしたら思うだけでも現実は変えられることができるんじゃないか、とぼんやり思いながら電車に揺られていきました。

・・・実際はテロップが変わった瞬間、怖っ。と思ったのは内緒です。
関連記事
*ヒーリングセッションやリーディングはこちらから
オリジナルヒーリング  
シータヒーリング
*高位の天使のヒーリング
セラフィムブループリント
Level1-6伝授
*より豊かな人生を創造したい方は
マルチプルアバンダンス
*あらゆる浄化やヒーリングには
マイティピュリフィア

コメント

非公開コメント