2022/03/23

髪型への憧れ

髪型への憧れって誰しも多少はあるのかと思います。

私はクセッ毛でもあり猫っ毛でもあるので、梅雨時期はうねうねするのがあまり好きではないのでショートヘアの時が割と多いのですが、だいたいショートにする直前の髪型というのは、セミロング〜ロングのことがほとんどになります。

今回もなんだか切るタイミングを逃していたせいもあり、かなり髪が長くなってしまっていたのですが、そういえば、、という感じで今までやってみたことなかったけど、ちょっと憧れてた時期あったよね、という思いがむくむく湧いてきて、ゆるふわパーマをかけてみることにしました。

ただ、直前まで本当にそれやっていいの、だのベリーショートでなくていいの?といういつもならのショートコースをかなり道を外してるんじゃない?みたいな問いかけもそれはそれでありました。

そもそも、数日前にいつも行く美容院の担当さんに切ってもらう予約を取っていたにもかかわらず、前日の夜に担当者から緊急の内容を告げられ予約自体がなくなってしまった。。ということがありました。

なんか・・・これ、アレだな。。

というのが次の日までぼんやり思っていて、外見での思い切ったイメチェンができてないことにつながってるな、としみじみ感じていました。
(ロングからベリーショートのイメチェンはいつものことなので思い切ったうちには入りません)

で、諦めて数日後にまた予約を入れればいいものを、午前中からかけたことのない美容院に連絡をかけまくり、結果、当日の予約は全て断られました。
よく考えてみたら卒業式やら入学式、就職などの新年度に向けてイメチェンの時期とただ被りでしたね。。
今の時期忙しいとも言われて、なるほどと思いました。
私もそういう意識が働いていたのかもしれない。

で、そういえばと思いサブ的によく行く美容院にかけてみたところ、OKがでました。
そこは美容院ではあるけれど個人事業主の集まりのところです。

一周回ってここか〜〜!!と思いつつ、かなり久しぶりに足を運びました。

美容院で縮毛矯正やトリートメントなどはよく利用してはいるけれど、パーマ。
パーマをかけるって想像の世界でしかない。
おばちゃんの髪をぐるぐる巻きつけるような。

そんなことを想像しながら足を運んだのです。
「あまりにも拒否反応がでたら直前で矯正縮毛にしてもらおう」
などと考えながら。


途中、例のぐるぐる巻きをやっていただき、巻いてたのを取った瞬間、

美容師「ベルばらみたいですね」

私「・・・そうですね(おもむろに縦ロールだけど大丈夫なの??!)」

と会話を挟みながら、徐々にこれからやっていく工程でゆるゆるになっていくので最初はこうなるんです的に説明を受けつつ、事を終えました。


髪も一緒に染めてみたかったのだけど、初めに聞いた時に少し時期を空けてからの方がいいと勧められたので、気が向いたら髪も染めてみる予定です。

20代くらいにちょっと憧れてたけど、なんだか抵抗あってできなかったのができるようになるのって最初は気恥ずかしいけれど、なんだか良いですね。

最後に仕上げのセットをしてもらっている時にメンテナンスやらケアの仕方を教えてもらったのだけど、パーマって維持法がめんど…、、いやなんでもないです。
いつもとちょっと違う感じ、を楽しんでみたいと思います。

関連記事
*ヒーリングセッションやリーディングはこちらから
オリジナルヒーリング  
シータヒーリング
*高位の天使のヒーリング
セラフィムブループリント
Level1-6伝授
*より豊かな人生を創造したい方は
マルチプルアバンダンス
*あらゆる浄化やヒーリングには
マイティピュリフィア

コメント

非公開コメント