2013/10/28

システムを変えるということ

ものごとにはある程度の秩序があります。

それは生活していく上でそれとなくできあがっていったり、組織ができあがっていったことでしょう。
そしでその秩序が乱れていくとどうなるのでしょうか。
おそらく一定の成り立ちが揺らいでいくことに繋がりかねないのではないかと思います。
揺らぐことに対して不安や恐れを感じ、そこから抜け出せなくなることもあり、良きにしろ悪しきことにしろ、それはある意味とても退屈なことではないのでしょうか。

秩序を乱すものには制裁を。
古くからのいい伝えでもあります。
これが積み重なり、制限という枠の中で日々を過ごすことになります。


ある一人の少女がいました。
その女の子は契約を迫られていましたが、疑問を持ちながら契約のシステムを傍観することにしました。
そこで様々な思いを持って契約した人達に会いました。
けれどもそれは、それ以上にもそれ以下にもならず、その限られたシステムの中でのループをずっと繰り返すはめになることを知るのです。

ある者は気づいた時にはすでに遅し、ある者は気づかす一生を終える。
そんな人達の願いや思いは何なのか、少女は考えます。

考え抜いた結果、少女は契約する条件と引き換えに提案をします。
もうこのシステムは必要なく他のもので補える、と。


その時代や状況によって必要あること、ないことがあります。
それを気づかず・気づかないふりをしたまま適応してしまうのは、何かを押し殺して抑制して生きることになることでしょう。

そんなことする必要がないとわかった時に、果たしてどういう行動が取れるだろうか。


関連記事
*ヒーリングセッションやリーディングはこちらから
オリジナルヒーリング  
シータヒーリング
*高位の天使のヒーリング
セラフィムブループリント
Level1-6伝授
*より豊かな人生を創造したい方は
マルチプルアバンダンス
*あらゆる浄化やヒーリングには
マイティピュリフィア

コメント

非公開コメント